Anti-Doxorubicin (mouse IgG2b,λ)

CtalogNo.MAB DXR 1-17-56

Specificity

Clone

  • 1-7-56

Antigen

Host

  • Mouse

Storage

  • This antibody is stored at -20 to -80℃.
  • It is stable for at least 1 year stored at or below -20℃.
  • It should be divided into small quantity to avoid freezing and thawing.

Applications

  • ELISA ; 1: 1000
  • Western blotting ; Not tested
  • Immunocytochemistry ; Not tested
  • Immunoprecipitation ; Not tested
  • Immunohistochemistry ; Not tested
  • Flow cytometry ; Not tested

Optimal dilutions/concentrations should be determined by end user.

ELISA Results

ELISA Protocol

  1. DXR-BSA あるいは対照BSA 各々50 μg/50 μL PBS をELISA 用96 穴マイクロタイタープレートの各穴に分注し、37 ℃で一晩乾燥させてプレートに付着させます(または4 ℃で一晩静置)。
  2. プレートを0.05 % Tween 20 を含むPBS (PBS-T) 150μL で5 回洗浄後、2 % FBS(牛胎児血清)溶液 150μLを加え、37 ℃ で30 分間インキュベートすることにより、抗体の非特異的吸着をブロックします。
  3. PBS-T で5 回洗浄後、各濃度に希釈した抗体溶液(1 次抗体)100 μL を加え、37 ℃ で30 分間反応させます。
  4. PBS-T で5 回洗浄後、3000 倍に希釈した2 次抗体 (Peroxidase-F(ab’)2 fragment of Goat anti-mouse IgG,Zymed) 100 μL を加え、37 ℃ で30 分間反応させます。
  5. PBS-T で5 回、Citrate-phosphate buffer (pH 5.0)で1 回洗浄後、基質溶液 (o-Phenylene diamine 0.4 mg/mL,H2O2 0.02 %) 100 μL を加え、37 ℃ で正確に30 分間反応させます。
  6. 2.0 M H2SO4 50 μL で反応を停止させた後、492 nm での発色度を96 穴マイクロプレート用光度計で測定します。

Note

  • For research use only. Not for clinical diagnosis.