抗体製品(ELISAキット)に関するよくある質問をまとめました。

ELISAキット

Q. Assay Dilluentが結晶化している。使えますか?

お使いいただけます。Assay Dilluentの容器を温水で温めて、結晶を溶かしてから使用してさい。

Q. Wash Buffer Dilluentが結晶化している。使えますか?

お使いいただけます。Wash Buffer Dilluentの容器を温水で温めて、結晶を溶かしてから使用して下さい。

Q. サンプルDNAに必要な純度はどれくらいですか?

サンプルとして用いるDNAの純度は、2.0 ≧ A260/A280 ≧ 1.8を推奨しています。

  • A260:260 nmの吸光度測定値
  • A280:280 nmの吸光度測定値

Q. DNAのディネイチャー(1本鎖に分離する)方法は?

  1. 希釈したDNAサンプルをチューブ(キャップロック付き)に分注します。
  2. 100℃に設定したヒートブロックで10分間加熱します。
  3. 直後に氷上(0℃)で15分間冷却します。

Q. DNAサンプルは制限酵素等での断片化の必要ですか?

断片化の必要はありません。

Q. OPD Substrate Solutionは調製後、保存可能ですか?

いいえ。溶液調製後の保存はできません。OPD Substrate Solutionは、使用直前に調製したものを使用して下さい。

Q. 異なるロットNo.の試薬を組み合わせて使えますか?

いいえ。同梱されていた(同じロットNo.の)試薬以外を組み合わせて使わないで下さい。

Q. コツはありますか?(動画マニュアル)

ELISAキットの実験操作動画をご用意しております。
試薬添加やウォッシュのピペット操作等、ご参考になさってください。

ELISA Orepating Guide

ELISA操作動画の日本語字幕は設定(歯車のアイコン)から表示/非表示を選択できます。

Q. 植物にも使えますか?

お使いいただけます。High Sensitivity CPDs/6-4PPs ELISA Kitは、あらゆる生物のDNAに対し用いることができます。

Q. 論文等での使用実績はありますか?

ご紹介いたします。

Perez-Oliva AB, et al.,USP45 deubiquitylase controls ERCC1-XPF endonuclease-mediated DNA damage responses.

※NM-MA-K001は、High Sensitivity CPD ELISA kit Ver.2 (NM-MA-K003)のリニューアル前の品番です。

弊社製品ユーザーの皆さまへお願い:弊社製品を用いたご研究情報をお寄せ下さい。弊社ウェブサイトよりご研究内容のページへリンクさせて頂きます。

High Sensitivty 6-4PP ELISA Kit (NM-MA-K002)

Q. 6-4PP量は測定できますか?

いいえ。量は測定できません。本製品では、6-4PPの相対定量が可能です。

参考文献:Nishimura, Kazuki, et al. “Seasonal Differences in the UVA/UVB Ratio of Natural Sunlight Influence the Efficiency of the Photoisomerization of (6‐4) Photoproducts into their Dewar Valence Isomers.” Photochemistry and Photobiology (2020). こちらの論文ではキットで使われている抗体および「損傷数既知のDNA」を標準品に用いたELISAの実験結果が掲載されています。ただし、この論文内で使用されている「損傷数既知のDNA標準品」は、製品として販売されておりません。

Q. シグナル(吸光度)が低い。原因は?

よくある原因は以下の通りです。

  • サンプルDNAの純度が低い。
  • サンプルDNAのディネイチャーが正しくされていない。
  • DNAの固相化時にプレートが十分に乾燥していなかった。
  • サンプルに6-4PPが含まれていない(非常に少ない)。
  • 各試薬の希釈倍率を薄く間違えた。
  • 試薬を添加し忘れた。
  • ウォッシュの液量、回数が多かった。
  • 反応時間が設定より短かった。
  • 製品の使用期限を超過している。

Q. バックグラウンド(吸光度)が高い。原因は?

よくある原因は以下の通りです。

  • 調整後、時間の経過したOPD Substrate Solutionを使用した。
  • サンプルのDNA純度が低い。
  • DNA固相化量が多い。
  • サンプルに含まれる6-4PPが非常に多い。
  • 各試薬の希釈倍率を濃く間違えた。
  • ウォッシュの液量、回数が少なかった。
  • ブロッキングの操作以降において、作業途中でプレートが乾燥した。
  • 反応時間が設定より長かった。
  • プレートの底面(裏側)が汚れている。
  • エッジ効果の影響。

Q. 6-4PP ELISA Kitの使用期限は?

High Sensitivty 6-4PP ELISA Kit(品番:NM-MA-K002)の使用期限は、製品出荷日から6ヵ月後です。

High Sensitivty CPD ELISA Kit Ver.2(NM-MA-K003)

Q. CPD量は測定できますか?

いいえ。量は測定できません。本製品では、CPDの相対定量が可能です。
参考文献:Nishimura, Kazuki, et al. “Seasonal Differences in the UVA/UVB Ratio of Natural Sunlight Influence the Efficiency of the Photoisomerization of (6‐4) Photoproducts into their Dewar Valence Isomers.” Photochemistry and Photobiology (2020). こちらの論文ではキットで使われている抗体および「損傷数既知のDNA」を標準品に用いたELISAの実験結果が掲載されています。ただし、この論文内で使用されている「損傷数既知のDNA標準品」は、製品として販売されておりません。

Q. バックグラウンド(吸光度)が高い。原因は?

よくある原因は以下の通りです。

  • 調製後、時間の経過したOPD Substrate Solutionを使用した。
  • サンプルのDNA純度が低い。
  • DNA固相化量が多い。
  • サンプルに含まれるCPDが非常に多い。
  • 各試薬の希釈倍率を濃く間違えた。
  • ウォッシュの液量、回数が少なかった。
  • ブロッキングの操作以降において、作業途中でプレートが乾燥した。
  • 反応時間が設定より長かった。
  • プレートの底面(裏側)が汚れている。
  • エッジ効果の影響。

Q. シグナル(吸光度)が低い。原因は?

よくある原因は以下の通りです。

  • サンプルDNAの純度が低い。
  • サンプルDNAのディネイチャーが正しくされていない。
  • DNAの固相化時にプレートが十分に乾燥していなかった。
  • サンプルにCPDが含まれていない(非常に少ない)。
  • 各試薬の希釈倍率を薄く間違えた。
  • 試薬を添加し忘れた。
  • ウォッシュの液量、回数が多かった。
  • 反応時間が設定より短かった。
  • 製品の使用期限を超過している。

Q. CPD ELISA Kit Ver.2の使用期限は?

CPD ELISA Kit Ver.2(品番:NM-MA-K003)の使用期限は、製品出荷日から6ヵ月後です。

Q. 論文等での使用実績はありますか?

ご紹介いたします。

Perez-Oliva AB, et al.,USP45 deubiquitylase controls ERCC1-XPF endonuclease-mediated DNA damage responses.

※NM-MA-K001は、High Sensitivity CPD ELISA kit Ver.2 (NM-MA-K003)のリニューアル前の品番です。

弊社製品ユーザーの皆さまへお願い:弊社製品を用いたご研究情報をお寄せ下さい。弊社ウェブサイトよりご研究内容のページへリンクさせて頂きます。

UVC-irradiated DNA samples (CSR-NM-MA-R010)

Q. 用途は?

以下の製品と同時に使うことにより、ご自身のサンプルにUVC何 J/m2分のCPDや6-4PPが形成されているかを調べることができます。

  • High Sensitivty 6-4PP ELISA Kit (NM-MA-K002)
  • High Sensitivty CPD ELISA Kit Ver.2 (NM-MA-K003)
  • Anti CPDs(CAC-NM-DND-001)
  • Anti 6-4PPs(CAC-NM-DND-002)

Q. グラフの描き方は?

吸光度を縦軸、UVC-irradiated DNA samplesのUV dose (0, 2.5, 5, 7.5, 10 J/m2)を横軸にとります。その他、お客様ご自身の用途に合わせてグラフを作成して下さい。

ELISAキットのデータシートにグラフの例(Fig.3)が掲載されています。